日々あれこれ2

ビーグル犬と管理人の日々の様子


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピエトロのチョットした病気

  1. 2009/05/26(火) 21:47:38|
  2. ビーグル犬
  3. | コメント:0
先だってフィラリアの薬を貰おうと動物病院へGO.

先生に会えると思うピエトロは近くまで行くと走る・・・走る。

病院のドアーをガリガリ。先生~~~って感じです(爆)

チョット待ってピエトロの順番が来ました。ピエトロ、大喜びです。

先生大好きなんですよ~~

お話してる間ピエトロの呼吸がおかしくなってきました。

チョット心配。最近家でも呼吸がおかしくなることシバシバあったんでその話も

しました。

「先生、レントゲン撮ってみる事如何ですか」

「そうですね様子がおかしいし、撮って見ますか?」

で、お願いしました。

案の定異変が


心臓と気管におかしいところが出ていました。

2年前の大病のことは無かったのですが、心臓肥大。右室拡大。左軸偏位。不正脈

と出てきました。

気管のほうも1部狭くなっていました。

結果的にロングお散歩禁止。お風呂も長めはダメ。そして首輪は止めてハーネスが良いですね

って事です。

様子を見ましょうって事で。

心臓の薬を1ヶ月ほど飲んで検査して見ましょうって事になりました。

2年前の気管虚脱、心臓肥大、肝臓肥大の影響があるのかと心配しましたが

又別のようです。

やはり年齢的なものも有るようです。10歳過ぎましたものね。

本犬は元気にしています。

薬で治り元気で心配のない身体になって欲しいものです。

DVC00015.jpg(心電図を撮るピエトロ)


ハーネス090526_173801(ハーネス姿のピエトロ)
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。